忍者ブログ
めと はなの さき
多声類シンガーソングライター「SaKi」の活動報告&雑記。

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

サポートライブの話

告知はツイッター&FB、写真つきライブレポは撮影して下さった写真をシェアさせて頂きつつのFB、そしてブログには、それらに投稿するには長ったらしかったり重かったり、そんな感じのものを書いていけばいいんじゃないか!という方向性にしようかな〜と考えているSaKiです、お久しぶりです。

11/29 とくのうジャパンDXライブ
11/30 ミチトレコ発ライブ

お越し下さったみなさま、本当にありがとうございます。
二夜連続でお越し下さった方もいらっしゃり、嬉しい限りです。
お客様の雰囲気が温かいライブって、演る側でも観る側でも、なんだか嬉しくなりますね。

さて、この二つのバンドで鍵盤を弾いていたわけですが、この二つのバンド、形態も曲調もぜんぜん違いますよね。なので、この二つのバンドにおける、私の鍵盤のアプローチの仕方の違いといいますか、拘りをちょっとお話してみようかな、と。

<とくのうジャパンDX>
こちらは打ち込みでほぼ曲が完成されているので、どちらかというとフレーズ再現型。
キメ、音色、フレーズ等は基本原曲をなぞり、ちょっと足りないと思った所に付け足して行く感じ。だから、ある程度Hornセクションとフレーズを分け合ってはいたものの、元が打ち込みなのでシンセサイザー系の楽器が多く、しかも場面によって一曲の中で音色がころころ変わるので、使っている音色数が今までのサポートバンドの中でいっちばん多いです。音色替えのタイミングがめちゃめちゃシビア。加えて私は黒鍵キーが弾けないので、場合によっては鍵盤の高さを変え、そして音色を変え…をほぼ瞬時にやらなきゃいけなかったりで、常に冷静でいないと出遅れる鬼門が多かったのです。
一番苦労したのが「絶望と未来のカンタータ」の二サビ後の部分。
間奏でシンセ系の音色で和音を弾く→音の高さを「+1」に上げ音色を「チェンバロ」にする→チェンバロのフレーズを弾いたのちすぐに「弦楽器」に音色替え一小節だけ弾く→再び最初のシンセ音に戻す
という場所がありまして、いわゆる絶対に冷静さを失っちゃいけない箇所、ですね。
ゲームで言うなら、制限時間内に脱出しなきゃいけなくて、少しでも無駄な動きがあると即ゲームオーバー、みたいな…
そんなフレーズの切り替えを、「いかに『苦労している』という素振りを見せず冷静に弾けるか」という、密かな挑戦をしていました。
実際本番かなり慌てちゃって、色々とバレていたような気がしますが…www


<ミチトバンド>
一方こちらは、アレンジを一から作る曲が多かったこともあってか、キメやビート等きまりごとは沢山あったものの、ある程度自由な感じで弾かせてもらいつつ、ミチトさん的にそのフレーズはないわーと思ったところを指摘して貰い、試行錯誤の上だいたいのフレーズを完成させた、という曲が多いです。逆に言えば、とくのうジャパンみたいに「この旋律を弾いていればまず間違いない」という安全地帯がほぼ皆無だったので、ちょこちょこギターとぶつかったりいろいろヘマをやらかしつつ、昨日のワンマンで披露させて頂いた状態に至りました。
こちらのバンドのへの拘りは、「いかにこの曲の良さを伝えるか」。
ミチトバンドは、今から3年前の11月頃に対バンした時はじめて観て、曲調が好みにドストライクだったこともあり、サポートになったからには、「ミチトさんの曲すっごく良い曲なんだよ!」という事を、曲の良さをひきたてるフレーズを弾くことで、一人でも多くの人に伝えられたらいいな、と思いつつ、毎度のライブのたびにいろいろ他のことやってみたり、ある程度気に入ってるところ、気に入ってもらってるところは同じことやったり、そんな感じです。
ギターのなごさんがまさにそういうフレーズを混ぜてくるから弾きながらうわーかっこいいーって心の中でいっつも叫んでるんですよね。特にお気に入りはストロベリー。

サポートをするという事は、他の人の音楽を体で受け止め、様々な知識やアイデアを吸収する、いわば勉強の場だと思っているので、あくまで「引き立て役」だけどいつも陰で密かに「目標」を立てて挑んでおります。

だから、いつも「ソロ演奏」を見に来て下さるお客様、
たまにはサポート演奏の方にも顔を出してくれると嬉しいなっ…!
そして、そのバンドを好きになってもらえるともっともっと嬉しいな!!

最後になりますが、
とくのうさん、とくのうジャパンDXバンマスの真さん、
ミチトさん、共演者のみなさま、本当におつかれさまでした。
PR

ア・リ・ガ・ト・ウ・ゴ・ザ・イ・ます!



「幽遊白書」のOP「微笑みの爆弾」をはじめ数々の曲を作り、歌った
馬渡松子さんとツーショットして頂きましたっ

一生の思い出にするっ!!!\(T∀T)/


「SMILE BOMBは終わらない〜東日本ツアー2014〜」
いや〜〜〜楽しかった!!!!
まさか本編とアンコール、2回も「微笑みの爆弾」を演ってくださるとは思わなかった。
いやそもそも一生のうちに生で聞けるとは思わなかったし、むしろ共演できるなんて思ってなかった!!!!!!
調子にのってブログ記事タイトルで歌詞を拝借させて頂きました!



このお話を頂いた時本当にびっくりしたし、私でいいのかなとさえ思った。

でも、やるからにはチャレンジをしようと思いました。
アニメ「幽遊白書」の名曲のひとつである「アンバランスなKissをして」をカバーする事。
きっと「幽白」世代の人が沢山いらっしゃると思ったので、会場にわっと湧いてもらって、馬渡さんを引き立てるほんのエッセンスになればと。
ただ、勿論「馬渡松子」さんというアーティストそのものの歌を聴きに来たという人だっているし、そもそも馬渡さんの前で、わざわざ別の人の「幽白」曲をカバーするというのは、彼女に喧嘩を売っているのと同じではないかと思っていたし、勿論この選曲の件で、本ライブの主催のライブエムツーさんとかなりモメました(笑)
でも、最終的にGoサインを出して頂けたので、絶対に良いものにしようと思いました。バンドリハでも、ただコピーするだけでなく、ベースソロをもう少し引き立ててみたり、他メンバーからも色々とアイデアを頂いて、(当社比で恐縮ですが)最高の状態でライブで披露できたのではないかと思いました。前の方でクラップして下さったり、盛り上がって下さったお客様がいらっしゃったので、ホッとしました。あと、普通に楽しかったし!やっぱり好きなアニメの好きな曲を歌うと楽しいよね!MCで「たのしかった」って言っちゃった。
馬渡さんステージの「微笑みの爆弾」なんて私客席から何発も
霊丸ぶっぱなしてたし!おい限界数があるだろ!(ネタがわからない人ごめんなさい)

オープニングDJやまりもっこり君のインパクトのある登場、そしてかわむらさんのアニソンカバーの選曲も神がかっていて、最初から最後まで、見ごたえアリのライブでしたね!

以下もっと語ります。

ながいですよ〜〜〜

おら東京さ行ってきただ




氏家麻衣ちゃん、あたくす、そして今回まいちゃんをギターでサポートしたたかふぁしよーへいさん。

ここは札幌ですか?


いいえ、下北沢SEED SHIPの控え室でございます!



というわけでぇ〜
3度目の東京遠征に行ってきましたっ!

SEED SHIPさんでライブをさせて頂くのは2回目。
弾き語りの綺麗な曲を歌う女性シンガーが集いました。
その中でしょっぱなから萌え系ボイスでご挨拶したりなどわたくしはネタ路線に突っ走っていた気がしましたが(笑)

まいちゃんの歌声は相変わらず元気とやる気を貰えるし
他の共演者さんの中にも実はみんながよく知っている歌を歌ってる方がいたりと、貴重な出会いをさせて頂きましたっ!

ライブの終わりにお客様と交わした会話
「僕手稲区知ってます」
「手稲っていいね」
「あ、私も手稲区に住んでたんだよ」

ここは札幌ですか?

たかふぁしさん「もう札幌市下北沢区でいいんじゃね」


これはひどい。
まさか東京へ来て現地のお客様と地元のお話ができるとは思わなんだ。
札幌や東京などを行き来され、ライブを見ているアクティブなお客様がいらっしゃって
テンションがあがりっぱなしでした。

ライブの前後は渋谷を中心に観光したりもしました。

「不思議の国のアリス」をモチーフにしたカフェに連れて行ってもらい、
こ〜んなかわいいガトーショコラを頂いてきたり…


何人か、お友達とも会いましたが待ち合わせは決まってこの場所。
ハチ公前で待ち合わせ!とかちょっと言ってみたかったんすよえへへ。


あと、氏家麻衣ちゃんのオススメライブカフェ
「ひまわり広場で手をつなごう」にもお邪魔してきました。

マスターはお若くて(といっても私よりは年上のとても優しいお兄さん…!)
アーティストの事を本当に考えてくださる方。
その心の広さと優しさが、会場の雰囲気によく出ていたんじゃないかな、なんて思っちゃいました!いつか絶対ここでライブしてみたいっ!ひまわりの花、大好きだし。
じゃあなんで今回のアルバムにひまわりの曲がないんだよ!
あっ一番好きなのは薔薇です。
じゃあなんで今回のアルバムに以下省略

こんな感じで、主にカフェ巡りの観光になりましたがなかなか充実してましたよ〜!
そうそう、あと会う人会う人に沢山のチョコを頂いてしまってゲヘヘのヘー!!(爆)
しあわせでした!よき旅でした!

今週にひかえている福岡ライブののちに、ハウステンボスに行くので
とってもたのしみで〜す♪

コラボって楽しいね

ど や ぁ !!


長らくブログの更新を停滞させておいてこのドヤ顔っぷりである。
お久しぶりですこんばんは。

前々からですが本当にブログの更新に悩みます。
ライブ告知はサイトとツイッター等でできるし、ライブレポートばっかり書いてるのもなんか違う気がするし…
だから、ライブレポートはなんら関係のないテーマを考えて、それを語る中で、そういえば最近この人とライブをしたんですけど〜みたいにお話を持っていくスタンスがいいなー、なんてふと考えつつ、そのテーマをゆっくりと考える間もなく前回の更新からはや3ヶ月以上が経過してしまった…とほほ…

上の写真は、8月末にNaOさんというシンガーさんとツーマンライブをした時のブツなのですが、鍵盤の持ち主とそこに座ってる人が反対のくせに、さも「これは私のだぜ〜!」と言いたげにドヤ顔している、というシチュエーション。皮肉にも頂いた写真の中でイチバン私がいい表情をしていたのこの写真だと思う(笑)

コラボって楽しいですよね〜!

私が本格的にDTMで作曲をはじめた頃には音楽ができる仲間なんてすっきりする程いませんでした。でも、それに不自由はしなかった。なぜなら、DTMがあれば自己完結できてしまうから。
ボーカル、ギター、ベース、ドラム、生楽器には劣れど一応電子楽器でその役割を果たすことができる。それまでも6つまで音を重ねることのできるファミリーキーボードで作曲をしていたので、むしろ自分の縄張りに他人が入って来られるのがイヤ!というぐらい、音楽の「一人遊び」に慣れていたんですね〜。

でもコラボやサポートをすると、自分一人だけでやってたら気づかないことに気づかされる瞬間があり、その人の音楽生、音楽に対する情熱や価値観、更にはその人自身の人柄までに触れることができて、とてもいい刺激をもらえます。
コラボをする時は、お相手から頂いた音源をまず耳タコレベルで聴き、それからなんとなくフレーズを考え、実際のリハーサルで色々遊ばせて頂きつつこの曲にどう絡むかを決めていく、という流れでやっているのですが、アタマで考えたフレーズが意外とハマらなかったり、「ここはこういう風に演出したい」と、私が解釈したフレーズとは別の提案を頂いたりするたびにとても勉強になります。
自分にない曲の世界観を勉強したけりゃ、普段きかない音楽を聴けばいいじゃんと思っていた時もありました。確かにそれもそうなのです(実際それでも凄く勉強になりましたし)が、
やっぱりリアルタイムで、作曲者本人も交えつつひとつの曲にふたりで色をつけていくのとは全然違う。

もうかれこれ5年ぐらいライブをさせて頂いているカフェ「Radio & Records」のマスターの真さんに、SaKiはすっかり企画ライブ大好き人間だと認識されているようで(嬉しいことです!)去年までは投げ銭ライブの一枠、時間を頂いて演奏という形でしたが、「SaKiだったら全枠つかって企画してもいいぞ」ととてもありがたいお言葉を頂けたので、
今後、積極的に「この人の音楽生を覗いてみたいな」と思ったアーティストさんをお招きして、コラボレーション企画など、していこうかなと考えています。

しかし、その前にまずは9月末から10月はじめにかけての怒濤のライブスケジュールをこなすのだ!
ほんと、純粋にどのライブも参加するのがめっちゃ楽しみなので、皆さんもぜひ、足を運んでいただけたらと思います♪


ライブレポート「SaKiワンマンライブ FLEURAGE」


改めて…
満員御礼!!CD完売!!
SaKiワンマンライブ「FLEURAGE」に来て下さってありがとうございました!!!!

MCでも申し上げましたが、ワンマンとかいいつつ、決して一人の力でできるものではありませんでした。
ライブ会場に足を運んで下さった皆様の他にも、いろいろな「もの」を作って頂くことでサポートして下さった皆様にも、厚くお礼申し上げます。

人生最大のドジを踏んだりもしましたが(笑)
共演者、お客様から大変嬉しいお言葉を頂いておりますが、ここまでのものを作ることができたのは、周りの方々との出会いがあったからです。

本当にありがとうございました。

これから私が音楽活動を続けることで、新しい音楽を生み出すことで、
少しでも、皆様から与えられたものを返していくことができたら、と思います。

音楽は やっているんじゃない。やらせて頂いているんだなぁ。
今後とも、アーティスト「SaKi」をよろしくお願いします。


では、追記でレポートいきまーす!

ながいですよ〜〜〜

<前のページ 次のページ>

Search
Information
For Mobile

忍者ブログ [PR]

TemplateDesign by 比呂有希|ススメ::342blog