忍者ブログ

めと はなの さき

多声類シンガーソングライター「SaKi」の活動報告&雑記。

LUNAtic MUSIC!ライブレポート その1

SaKi音楽活動10周年記念ライブ「LUNAtic MUSIC!」から
一週間経ちました。はっやいなぁ!

本編で爆発し打ち上げで爆発し、
そして治ったと思われた風邪を悪化させてせっかくの春休みが爆発したSaKiですこんばんは。

一日で語るにはボリュームが大きいので、
二夜に分け、はりきってレポートを書いていこうと思います!

このライブに、とても素敵なアーティスト達に無理言って出演して貰いました。
本日は、そんな、沢山お世話になった音楽仲間達のステージレポートをお届けします。


使用させて頂いております写真は、
札幌の私のライブの写真といえば彼!まこっちゃんによるものです。

あけすぎておめでたくない!

…ねえその前にブログであけましておめでとうって言ってなくない…?

あけましておめでとうございます!!!!(何 を 今 更)


最近は専ら、仕事して、アルバムつくって、ときどき病んで(笑)
そんな日々を送っております。
特に2月〜3月はアルバムづくりの修羅場だったので、
追いつめられてメンタルが削られる現象に「メンタルの大根おろし」などと
よくわからない名前をつけてしまう始末。

近況報告もライブの告知も全部ツイッターでやった方が便利なもので、そうなると


ブログに書くことが致命的に無ェ!!!

あと、呟くのに慣れていざブログを書こうとするとうまくまとまらなかったりして
これぐらいツイッターでちょちょーっと呟けばよくない…?と
画面を閉じてしまう。という言い訳。

そして気がついたら10周年ライブまであと20日を切ってしまったでござる……

きのう、久々にリハーサルをしました。勿論、上記ライブSaKiバンドの。
いや〜〜〜…楽しかったです。楽しかったしか言えないぐらい楽しかった。
生演奏に乗せて歌うのはやっぱり楽しいね!
最近はライブをやっていないから、専らカラオケか、自分のつくったオケに合わせて歌うぐらいしかしていなくて、それはそれで楽しいんだけれど、
やっぱり、その辺では味わえない楽しさを、ひっさびさに堪能しました。
わーい!たーのしー!(※元ネタわかりません)

そろそろライブの諸々の準備が一段落つくので、
CDの話をすこ〜しずつしていこうかと思います。

CDのタイトルについてちょこっとだけ。
今回のCDは10年分のエネルギーがぎゅっと詰まっていて…そして、○○してます!
次回の記事更新でジャケットと収録曲をちょっとだけ公開します。
懐かしいアレとか、ライブで一回しか演ったことのないアレとかが入っています。


とりあえず今回は
新年のご挨拶で失礼致します(おかしい)

ワンマンレポ①〜世界一受けたくない授業〜

タイトルがすごくパチモン感拭えないのですが…

トーストを口にくわえて
「キャ〜!遅刻遅刻!」と言いながらイケメンとぶつかって恋の予感な展開を迎えたいところですが
そもそも恋が芽生える以前に食パンくわえながら遅刻遅刻って喋る方がムリだっつーの。

どうもこんにちは、SaKiです。


先週、私のレコ発ライブ「歌我意授業」がありました。


写真撮影:まこっちゃん
                 

沢山のお客様に見て頂け、またライブ後も殆どのお客様に残って頂き、一緒に盛り上がって頂けてとても嬉しかったです。
今回のライブは今迄とコンセプトをガラリと変え、前半は「学校のとある一日」後半は「卒業式」というコンセプトで、寸劇(茶番劇?w)とライブを織り交ぜたステージをお送りしました。
VJの小林直樹さんが社畜戦隊居残レッドに変身してしまっていたため、こちらの授業を欠席になってしまい、予定していたプログラムを一部変更してお届け致しましたが、バンドメンバーの巧みかつ予想外のアドリブの炸裂で、なんとか成功しました!楽しんで頂けたようで何よりです。

追記でレポートいきまーす!

近況報告

生きているうちに一回は
「映画泥棒」のコスプレをしてみたい、SaKiです。おはようございます。

先日、旅行がてら、京都ライブに行ってきました。
はじめての会場「ROOTER×2」さんで、なんとトリをつとめさせて頂きました。
お客さん、とてもノリが良く、うまい具合にキャッチボールをしてくれる。
調子にのって、6/6にリリースするCDに収録されている、
札幌では一度も披露したことのない新曲「座・帰宅舞」を披露する。
後方席から笑いが起きる。
してやったり、してやったり(笑)

京都旅行の写真は、なぜかブログにアップすると全部横向きで表示されるという謎の事件が起きるので、ツイッターの方でまとめてどかーんとアップしています。
平等院、銀閣寺、伏見稲荷に行きました。
ツアーじゃなかったので、こう、一つの場所にながーくまったり滞在する感じの旅行になりました。よきかなよきかな(笑)

今週、レコ発ライブのリハーサルがあります。
気持ちを切り替えて、ネタ曲三昧のライブに挑めたら、と思います。
レコ発ライブの告知フライヤーを見て頂けた方はわかるかと思いますが…
この歳になって学生服っぽいものを着てライブをさせて頂きます。
どうぞ冷やかしに来てくださいな!

さて、たまってるお仕事を片付けなくては。
CDに関することは、また改めてフェイスブックの告知ページに書いていこうかしら…!
(やっぱり、FBとブログの書くことの住み分けがry)

やりたい放題

先日、誕生日を迎えまして、生まれてはじめて「バースデーライブ」なるものを企画してみました。

会場は、一番長くそして好き勝手やらせて頂いている「ラジオ&レコーズ」さん。

ここ数年の誕生日の過ごし方が地味で、明らかにハロウィーン辺りのほうが盛り上がってるんですよ。
でも自分がこの世界とこんにちはした日なら、もうちょっと特別扱いしてもいいかな、と、何か今年は思い出に残ることをしたく、企画をし、そんな自己満に付き合ってくれる心の優しい人達(出演者さん並びにお客様)に召集をお願いしたわけです。

そのライブの緩さと贅沢さたるや・・・



ゲー音部のさば夫さんと
ファイナルファンタジー10の大好きな曲をカバーしたり・・・




未知との遭遇ミチトさんと、ツーマンでもないのにコラボ曲「ミチノサキ」をやらせて頂いたり




うわ〜こいつ悦に浸り出した。なんじゃこのドヤ顔。
衣装からおかしい。完璧に季節を間違えている。ハッピーハロウィン。


とまぁこんな感じ。
…ね?やりたい放題でしょう?

楽しかったです(反省はしていない)

しかし、やっぱり自分ばかりが楽しんでちゃアカンでしょう。
ということでワンマン以来の「3ワーズ」パワーアップ版…

「即興演奏 9ワーズ」

なぜ9なのか。10にすると最後の一個忘れるからじゃないですよ!前忘れたけど。
私の誕生日「3/24」の数字「3」「2」「4」を足すと9だからです。

え?3に24を足して即興演奏27ワーズ?
しんじゃう。


出てきたワードは…
・爆弾
・春
・ケーキ
・げじげじ
・山わさび
・指輪
・蝙蝠
・どんぐり
・海底

いい感じにバラけてますが、この回、かな〜りいい感じにまとめることができました!
してやったり!!(笑)

ライブの中で、今までやった事のない、中学時代〜専門学校時代の曲を披露したところ
一部のお客様から好評を頂きまして…
ゆる〜く出来る会場で、これからもちょっとずつ、お蔵入りになりかけている曲を
披露していってみようかな?などと考えております。


来て下さったお客様から沢山のプレゼント(ほぼチョコレート♡)を頂きました。
ありがたく、一つ一つ頂きましたがそんなに気を遣わなくて大丈夫ですよ!
来て頂けるだけでもありがたいので次回からは手ぶらで、どうか手ぶらで!
いや…というか、やっておいて難だけど、やっぱバースデーライブって恥ずかしいなぁ///
でも、幸せでした。とってもとっても、幸せでした!!ありがとうございました!!


最後に一個だけ告知。
6/6(土)ネタ曲満載のCD出します&レコ発ワンマンやります!!
ネタ曲ときいてピンときた人、是非お越し下さい!お察しの通りのアレが入っております。
あっちゃんとマジメな曲も入れるよ!!

今から予定をあけておいて頂けると嬉しいです♪


明日から東京遠征なのでそろそろ準備しまーす!!


What's your color?



(写真撮影:杉さん)

先日、「カラフルスマイル UNION FIELD編〜バレンタイン・スペシャル〜」にて
アーティストであり、お友達の氏家麻衣ちゃんと、念願の札幌コラボを果たした。

東京で何度かコラボさせて貰って、いつか札幌でも…と考えていたところで、
今回このきっかけを作ってくださった、カラスマ主催の杉野さんには大変感謝しています。

この日の即興演奏3ワーズの優勝ワードは「髭のおじさん」でした(笑)

他の出演者さん達は、女子力の高い女性アーティストさんばかりで
その中に混ざれそうでちょっと女子力欠けてて混ざれそうになくて
もうええわ!と好き勝手ぶっ飛んでいた私でした。

色んなジャンルの曲を作るので、ライブの雰囲気に合ったセットリストを組んだりとか考えたりするんだけれども、
なんかね、キャラクターまでその場にすっかり溶けちゃうよか、ぶっ飛んでた方が私らしいと思って(爆)
「静かな曲を演奏してくれ」と言われているのにそれをやっちゃうと流石に出入り禁止だけども。そうじゃないなら、ある意味これが「SaKi」というアーティストのカタチでもあるわけだから(と、胸を張って言えるほどの大物ではありませんが)
直前まで、どうしよう。セットリスト変えようか。いくらカラフルだからって「おサボり戦隊ボイコッター」ってどうなんだ!と悩みに悩んでましたが、結局、派手にやらかしてしまいました。

意外と、この空気の読まなさを、ライブ全体のスパイスと感じて下さっていた方もいらっしゃって、とりあえずホッとしました。

最近どんどんMCもお笑いライブみたいな方向性になってる感が否めませんが(お笑いライブに失礼だぞ!)これから多分こんな方向性でSaKiのライブは突っ走っていくんでないかと思います。
なので、皆様も、気が向いた時でよいので、このノリについてきて頂けると幸い。

明日はラジオ&レコーズでライブです。
先週の風邪の影響であんまり喉の調子がよくない。乾燥もしてますし。
でも、ちゃんと声は出るんで、明日もSaKiワールド炸裂させようと思います。よろしく!

「ミチノサキvol.3」コラボ&カバー曲制作裏話


(写真提供:杉さん)

「ミチノサキvo.3〜彩〜」
お越し頂きありがとうございました。
私の迷盤「Nothtrouble」一曲目に収録されている「降雪量」の効果あってか
どうにかこうにか、吹雪が次の日以降にずれてくれたようで、
皆様に、吹雪の中ライブ参戦をお願いしなくて済みました。

今回のコラボ曲「彩」と、私がパk…カバーさせて頂いた「青」という曲について
書こうと思います。



『彩』
作詞:ミチトさん

真っ白な世界に踏むステップ
咲かない花で作る花模様
カタカタと動き出した産声
吹き付ける吐息 
赤 青 黄色
あぁ

夜明け前。
誰もいない、何もない、真っ白な世界で少女が踊る。その足跡には次々と色が宿り、
誰かが残して行った、「つぎはぎだらけの足跡」を茎に持つ花となった——
前作の「human」の主人公が、同じ場所につけて行った足跡をつかって、少女=彩(仮)が
「あしあとおえかき」をしている、という歌詞です。
なので、前作も今作も、ジャケットにやたらと「足跡」が描いてあります。

作曲/アレンジ:SaKi
はじめて打ち込みを導入。
ミチトさんの曲をアレンジしたり、バンドで鍵盤のフレーズを考えてたりしてふと、
「淡々としているが、その中で徐々に強さ、温度を帯びて行くような打ち込み曲」がミチトさんの歌詞には合うんじゃないかな、と思えてきて、今回「打ち込みに合わせて演奏する」というリスクを背負って頂きました←
そうしましたら、ループのようで細やかなギターのストロークのフレーズと、主メロと対照的な動きで、組合わさることによって万華鏡のような旋律の広がりを生み出したコーラスワークを考えてきて下さり、第一回目のリハで「これやべぇ」しか言わなかった思い出。
ミックスの時も、調子乗って普段自分のアルバム曲のMIXですらやらない事に2、3個挑戦したりもして。その中から最高の演出のものをミチトさんに選んでもらい、完成したものが収録されています。

ちょうどお仕事の大詰めと被ってしまい、時間増えろ!とわたわたしながらの作業になってしまいましたが、めーーーーちゃめちゃ楽しかった。



続いて「青」について。

ライブ前も書いたのですが、随分と軽い印象のアレンジになっております。
曲のテイストを変えるのはカバーの醍醐味でもあるけど、ミチトさんの曲って、バラードでも疾走感があったりして、それが、歌い手の感情が聴き手にリアルタイムで流れてくる効果にもなってると感じていたので、それがすっかり抜けた「青」なんて「青二才」なんじゃないか、ミチトファン及びご本人に怒られないかなぁと結構どきどきしておりました。
ミチトさんの「リコリス」が、こっちが挙動不審になるぐらい熱いアレンジだっただけに尚更…
だから、拍手を頂けた時は、心底ほっとしました……
ミチトverの青は、ずっと吹っ切れてなかった「別れ」の記憶を、遂に重い腰をあげて吹っ切るような解釈で聴いていたんですけど(違ったらごめんなさい)
私のは、もう別れたのは随分と前のこと、って設定で、なにげない日常で突然雨が降るように、別に普通の日常を過ごしていたんだけど突発的に思い出しちゃって、一時的にあの時の記憶がぶわーーっとフラッシュバックしてぎょえーーってなってるイメージです(わからん
あと、実はアレンジテイストで参考にさせて頂いている曲がありまして、同作者の「Miles」という曲。一部、「青」と「Miles」にはコード進行が似ているところがあって、あ、じゃあいっそMilesのアレンジで青をやったらどうなるんだろう!という遊び心も入っておりました。人様の曲で遊びまくるなお前はー!


人の曲をカバーするのはおっかないですが、楽しいですね。コラボもそう。色々と刺激が貰えます。
アーティストは皆、パズルのピースですよね。同じ形のものもあれど、それがピッタリはまる形同士とは限らない。全然形の違うものが、どこかで繋がって、お互いのでこぼこ(個性とか、欠陥とか呼んだりするもの)を補い合えて、繋がったピースが描く景色は一人の時よりも広大で。
ピースが噛み合なかった時もまた、その違和感を楽しむなど。

誰彼構わずコラボしたい、という人間ではありませんが、
人とやる音楽は、自分一人でやる音楽とはまた別の楽しみ、大変さがあって、これからもどんどん色んな人の音楽に触れてみたいなぁ、と思います。

ア・リ・ガ・ト・ウ・ゴ・ザ・イ・ます!



「幽遊白書」のOP「微笑みの爆弾」をはじめ数々の曲を作り、歌った
馬渡松子さんとツーショットして頂きましたっ

一生の思い出にするっ!!!\(T∀T)/


「SMILE BOMBは終わらない〜東日本ツアー2014〜」
いや〜〜〜楽しかった!!!!
まさか本編とアンコール、2回も「微笑みの爆弾」を演ってくださるとは思わなかった。
いやそもそも一生のうちに生で聞けるとは思わなかったし、むしろ共演できるなんて思ってなかった!!!!!!
調子にのってブログ記事タイトルで歌詞を拝借させて頂きました!



このお話を頂いた時本当にびっくりしたし、私でいいのかなとさえ思った。

でも、やるからにはチャレンジをしようと思いました。
アニメ「幽遊白書」の名曲のひとつである「アンバランスなKissをして」をカバーする事。
きっと「幽白」世代の人が沢山いらっしゃると思ったので、会場にわっと湧いてもらって、馬渡さんを引き立てるほんのエッセンスになればと。
ただ、勿論「馬渡松子」さんというアーティストそのものの歌を聴きに来たという人だっているし、そもそも馬渡さんの前で、わざわざ別の人の「幽白」曲をカバーするというのは、彼女に喧嘩を売っているのと同じではないかと思っていたし、勿論この選曲の件で、本ライブの主催のライブエムツーさんとかなりモメました(笑)
でも、最終的にGoサインを出して頂けたので、絶対に良いものにしようと思いました。バンドリハでも、ただコピーするだけでなく、ベースソロをもう少し引き立ててみたり、他メンバーからも色々とアイデアを頂いて、(当社比で恐縮ですが)最高の状態でライブで披露できたのではないかと思いました。前の方でクラップして下さったり、盛り上がって下さったお客様がいらっしゃったので、ホッとしました。あと、普通に楽しかったし!やっぱり好きなアニメの好きな曲を歌うと楽しいよね!MCで「たのしかった」って言っちゃった。
馬渡さんステージの「微笑みの爆弾」なんて私客席から何発も
霊丸ぶっぱなしてたし!おい限界数があるだろ!(ネタがわからない人ごめんなさい)

オープニングDJやまりもっこり君のインパクトのある登場、そしてかわむらさんのアニソンカバーの選曲も神がかっていて、最初から最後まで、見ごたえアリのライブでしたね!

以下もっと語ります。