忍者ブログ
めと はなの さき
多声類シンガーソングライター「SaKi」の活動報告&雑記。

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8

いまさライブレポート

お久しぶりです!
ワンマンまで穴蔵に込もっておりました、SaKiです…。

ワンマンのレポートの前に、5月末〜6月にかけてのライブレポートをしちゃいますね!
ほったらかしなので…あわわわ


5月31日…「奏でるDiva〜acting〜」
南小樽の大っっっっ好きなお店、ヴェールボアさんでライブをさせて頂きました。
この日のライブの特別メニュー、ズワイガニのカレーと煮込みハンバーグはもう絶品すぎて…

口をすっぱくして言うようですがここのお店の食べ物ほんと美味しいしお店の雰囲気もマスターの人柄も五つ星なので南小樽遠いわーとか言わずに一度は足を運んでみてください!!!
一人で行くのが恥ずかしければ私を誘ってください。行きたいから。(ぁ

<セットリスト>
1、Daisy
2、スリーワーズ
3、ハナビシ
4、おさぼり戦隊ぼいこったー
5、精一杯のありがとう
enc)、しょこらぶゆー

共演者のはるさんの普段の衣装のイメージカラー「ピンク」にちなんだスイーツが限定販売されていたため、私もボアさんに好みのスイーツを伝えなくては!とアンコールでしょこらぶゆーを披露(笑)
ちなみに、ワンマンライブでマイクスタンドに飾っていたフラワーアートはヴェールボアさん作です。またレポートの時に紹介致しますねっ!



そしてこのライブの次の日の…
6月1日 「風を待つ地球儀 北海道編」

初・ムジカホールカフェでの演奏!!
<セットリスト>
1、なんにもない日
2、スリーワーズ
3、虹色四季風
4、Daisy
5、リコリス
6、みどり

この日はヒメノアキラさんという東京のアーティストさんが初めて北海道でライブをされる!という貴重なステージに共演者として立たせて頂いたわけですが…そこでヒメノさんに出番以外でも一役買って頂こうと思い、スリーワーズのテーマをふってみたわけですね。
それまで「こたつ」「ファミコン」ときてて、お、今日のは簡単かな〜と思ったら

「オランウータン」

ぎやああああああああああああああああああああああああ(卒倒)

※ちなみにオランウータンは「オラウータン」じゃなくて「オランウータン」ですよ。

この会場に来る前に立ち寄った円山動物園で見たオランウータンがでかすぎて衝撃的だったとのこと。私はそんなワードが突然飛び出てきた事に衝撃を受けましたぞ!!(笑)


もうひとりの共演者 井雲真理さんといい、ヒメノアキラさんといい…
安定のボーカルと安定のMC。
井雲さんはすごいチャレンジャーだな〜と思った。
言葉がわからないのに外国へ行くって…楽しいお話が聞けました。
私もみんなにある程度共感してもらえるようなMCができたらいいなぁ。
それができないので今現在時事ネタで笑いをとってるんだけどwww

井雲さんのサポートのギターの町田さんもかっこよかったっ!

ヒメノさんは、関西地方出身なので
曲の終わりに「おおきに」と言うのがすごーーく癒された。

あと二人の曲は、すごーーーく励みになる歌詞をつくるのが上手い…と思いました。
説得力があるんですよね。厳しい現実と、それでも頑張らなきゃだめっていう義務感の中で葛藤している人の胸にぐっとくるような言葉のならび。見習わなくては。


打ち上げ会場へ行く前にみんなでパシャリ!





この二つのライブ…実は久々のライブだったためにすごーーく緊張しました。
(わかる人にはバレていたようです)
なのでワンマンの時は緊張して頭が真っ白にならないようMC含め猛練習したのでありました。

即興以外でもアドリブに強い人間になりたい、SaKiでした!
PR

UNION FIELD 一周年

UNION FIELDさん、一周年おめでとうございます!
去年5月の、ミチトさんとの企画「ミチノサキ」・・・このライブが、UNION FIELDとの出会いの場でもありました。
ライブカフェのようで、ライブハウスのようで、あるいはそのどちらの顔も併せ持つ
「マルチステージBAR」であるUNION FIELD。
アットホームな広さでライブを楽しむことができ、かつどんなジャンルを演奏しても受け入れられる多様性に富んだ場所。
ジャンルにこだわらず活動している私は、様々な形でこの場所を使わせて頂きました。
ブッキングライブに出させて貰ったり、コスプレしてアニソン歌ったり、2回目の「ミチノサキ」やったり・・・あと、得能大輔さんと初コラボしたのもここ。
そして何より・・・11月に主催させて頂いた、初のゲーム系オンリーライブイベント「café Eight Merodies in winters」の会場として使わせて頂いたことに対する感謝とお詫びの気持ちが、いっぱいです。
MOTHERというレトロゲームの音楽を扱う非公式オンリーイベントで、ゲームのイメージカラーが赤だったことから、「赤いカウンター」のあるこの会場がピンときて、初ゲーム音楽オンリーイベントだったため、何人呼べるか不透明だったので、とりあえず広すぎず狭すぎないところを・・・という感じで、なにからなにまで条件がぴったり。しかもマスターのプリンスがMOTHER2をやりこんでいたとか。
しかし、当日は予想以上の集客があり、会場は満席。飲み物などの用意だけでも苦労されたことと思いますが、なんとこの日、一部のメニューにキャラクターの名前を当てはめたり、実際にゲームで登場した、回復系のフードに名前を変えてみたり・・・
「例:(元)スマイルポテト⇒だいとかいポテト」 みたいな感じで。
なので、この日特有のメニューコールに、その日ぶっつけで慣れて頂くという鬼畜プレイを強要してしまいました。トドメは間違えて私がワイヤレスマイク持って帰るし・・・。
本当にお騒がせ致しました。Orz
そんな想いを込め挑んだ、「UNION FIELD 1st Anniversary Live “HOME”」。
UNION FIELDを知るきっかけを下さった、ミチトさんのバンドをお手伝いしました。
なんとこの日はドラムにUNION FIELDのマスターこと、プリンスさん(なんでプリンスなんだろう、実は知らないんです。ずっと中濱さんって呼んでましたw)が担当。かなり大音量のドラミングに慣れているらしく、ミチトバンドの「ちょっと抑えめ」なドラミングになかなか苦労されていた様子。でも、練習している時のプリンスさんも、ミチトさんもとても楽しそうで、それに便乗する形でギターのたかふぁしよーへいさん、ベースの小林勇希さん、そして私が腹筋を良い感じにほぐさせて頂きました(笑)
UNION FIELDへの想いを込めて、このライブのためにミチトさんが書き下ろした「言の葉」という曲。
弾いているこっちが泣きそうになりました。
実は、プリンスさんから、私にも「曲作らない?」とお誘いを受けていて、ここまで会場にお世話になっている身なのでこれは作らなければと思っていたのですが、スケジュールに全く余裕がなかったので泣く泣く断念。実際、そうしてよかったと思いました。余裕ない中作っても、伝わるものも伝わらないもの。
だからもし2周年記念やるのでしたら絶対に作らせてくださいお願いします(懇願)
なので、今回曲を手がける側に回れなかった分、「言の葉」に少しでも良い飾りをつけようと、音づくりに悩みに悩みました。はじめてバンドで合わせてみて、そこでやっと使う音色が決まったという感じ。
「しっくり感」が一番出る音色を自分なりに選べたと思います。思いたいです。だといいんだけどなぁ(だんだん自信なくなる←だめじゃん)
ラストまでいられなかったのが残念ですが、この大々的なイベントの中で、専門学校時代の同期+先輩のユニットさんと会えたり、しばらくご無沙汰していたアーティストさんに会えたり、なんかライブの途中でお昼休みがウキウキするあれが始まったり、人生初のロコモコ食べたり、DOKODAさんのドーナツを頂いたり(おい後半食べてばっかりだろ!)実り多き一日でした。Nレボ見られなかったのが何より残念です。
最近、やるべきことが詰まってパンク寸前で、打ち上げはおろか、本編すら最後まで見られずに退散してしまう事が多く、駄目だなーって思っています・・・。ようやっと主催ライブも終わったし、仕事も落ち着いてきたから、できるだけ長居して、アーティストさんやお客さんと沢山お話をしたいです。
さてさて、ミチトバンドは今週もライブがあるんですよ。
今回はミチトさん、私、ベースは北山さん、ドラムが西君と、2月のパトスからギターを抜いたようなメンバー。そう、ギターがいないんですこの日。これはどういう事かというと他の楽器陣の見せ場が増えるということ。とりわけ一番ギターと役割を分け合っているキーボードの出番がポポポポーンと増えていく。のでそれだけ責任も重大だ!頑張ります。
そしてなんと先ほどの「HOME」ライブでベースを弾いて下さった小林勇希さんはこの日は敵として登場します!ではなくて、対バンの「カンナノンノ」で登場します。こうご期待!
31日(土)
Radio & Records(地下鉄琴似駅バスターミナル横ニシムラビル3F)
出演 ミチト/ カンナノンノ
チャージ 1500円(1ドリンク付)
ご来場お待ちしてます!

ライブレポート「Radio & Records企画ライブ ミチトバンド」

「西区文化フェスタ」の時期がやって参りました。言い換えるなら、私がことにパトスに何度も出入りする時期がやってまいりました。今年は流石に仕事があったり、前後に別会場でのライブを控えていたりで去年ほど出入りは激しくありませんでしたが・・・。
その中で、毎年恒例となりつつある、ラジレコ企画のライブイベントのトップバッターに、ミチトバンドが出演しました。
広い会場でミチトバンドで演奏すると気持ちが良いですね。まぁ、どのバンドでも会場が広ければ気持ち良いのですが、ミチトバンドは特に各音色が綺麗に整頓されている感じがあるので、あまりバンド演奏をしている感覚とは思えないほど、おしゃれな気持ちで演奏できました。
ミチトバンドのサポートをはじめて日が浅い私ですが、なんだかんだで去年~今年と既に4回もサポート演奏させて頂いているのですね。早い!
ミチトさんの曲は難しいけど、でも次にくるコードやメロの進行が自分の好みすぎるので、楽しくやらせて頂いてます。
あと歌詞が星だったりとかね!たまらないね!人工衛星の気持ちを歌ったラグランジュとか、その他月・空がモチーフになってるmilesとか涙星(最近やってないけど)とか。演奏する時期が限られますが、七夕ネタの新曲「サヨナキドリ」も大好き。ああ語り出すときりがない。もはやミチトさんのファンブログ化してしまうのでこのへんにしておきます。でもいつか追記で一曲一曲語りたい気分。
ツイッターのフォロワーさんが「せっかく音楽を愛する人たちなんだから告知ばっかりじゃなくて曲についてもっと語っては」と呟いていらしたのを見て、そういえば最近の私はずーっと告知しかしてないなーと思いました。
やっとライブラッシュが終わって時間もできてきたし、自分の曲や人の曲について、延々と語るだけの記事をあげてみるのも良いかも。っていうかその方がブログっぽい。もっともっと思ったことを書いていきたい。
ちょっとやそっとのことを書くならばツイッターの方がお手軽だし、交通機関での移動中なんかに呟くんですけども、「音楽のこと」などテーマが壮大になってくるともはや140文字じゃ足りなくなる!あ、でもそれを140文字という制限内に納めるのも作詞の訓練のうちなのか?
さて、そんなミチトバンドは今週の日曜日、またライブを控えております。
UNION FIELD 1st Annivasary LIVE『HOME』
OPEN 12:00/START 12:30
adv.1,500/day.2,000
別途1Dオーダー¥500 or 3D1,200

BAND STAGEMAN GLOBE UNITED /
GOODSUNBAND / 月とプラネタリウム / livealittle /
ミチト / 岡崎 / スペシャルバンド / idea /
WatanabestaSOCIALclub / JIMMY LIFE / NtheRevolution
Acostic STAGE:沖野直也 / SweetBrownie /
山田海渡 / 渡邊悠平 / Utanami /タムラメグミ / どーちゃりR&得能大輔 /
山崎アヤ / 工藤由佳 / ぱれっと / BonnHugewood
O.AJames

FOODMAPLE LEAFE(ロコモコ)/ DOCODA(ドーナツ)

チケット取扱い店:UNION FIELD・音楽処・特設サイト予約フォーム・出演アーティスト
問い合わせ:UNION FIELD / info@unionfield.net
主催:UNION FIELD
協賛:Roland
協力:Sound Lab moleMAPLE LEAFELive cafe Soliste・スタジオシーラカンス・音楽処・Radio&RecordsDOCODA MUSIC CRAFTVinnie'sBARDiscovery Firm
去年、「ミチノサキ」そして「café 8 melodies」でお世話になった「UNION FIELD」さんの1周年記念イベントをmoleでどどーんと!ミチトバンドの演奏時間はいつもより少なめですが、なんと今回はドラマーが・・・・・・・・・!!!
これだけのアーティストが見れて1500円は正直安いと思います!!mole自体もとてもサウンドが綺麗なので、特にミチトバンドをまだ見たことがない人、是非見に来てくださいまし!!
以上ライブレポート二本立てでした。
ボカロライブのレポートは、インフィニティのブログにて更新致します★

ライブレポート「BURNEST WINTER!」

The Sunsets復活ワンマンライブ「BURNEST WINTER!!
前半はリーダーのムスカ山根さん+スペシャルゲストのアコースティックライブ。
そして後半は復活The Sunsetsの演奏。新しいベーシスト・こばゆうこと小林勇希さんを交え、おなじみの曲から新曲まで、たっぷりと披露しました!
<バンド演奏セットリスト>
1,DRIVE
2,ムーンライト・ダンス
3,forgiveness
4,station
*スリーワーズ<さきいか、土管、ムスカ>
5,サンセット・サンライズ
6,ネコバスの森
アンコール
7,before rainbow
8,陽はまた昇る(作詞作曲:SaKi)
9,マスカレード
・今回は鍵盤立って弾いてみました。その方が表現力がアップするし、あと山根さんや他のメンバーと沢山アイコンタクトがとれたのがとっても嬉しかった!座ってるとマイクと鍵盤見るので精一杯だし、きっと他の人も私とは目線を合わせずずらいよね。
・えらそうな事を言うようだけど、私が加入した当初より山根さんの歌声に深みが増したと感じた。活休中相当これ歌うの我慢してたな、次はこう表現しよう!という意欲がものすごくステージ上で露わになっていたと思った。
The Sunsetsのライブでありながらここでまさかのスリーワーズ。鬼畜なお題を出すお客様のお顔がちらちらうかがえるなぁと思ったら案の定ロクなのが来なくて私は非常に満足ですとも!!!(笑)
・突然ですが私は風船が嫌いです。というか「ぱーん」系の音が嫌いです。小さい頃運動会のピストルの音がダメで、何度も「ぱーん」の音を聞き、慣れる練習をしたばっかりにすっかりトラウマになってしまいました。今では風船を見ただけで動機がする始末です。
お祝いのクラッカーも、シャンパンを開ける音も、花火大会も、もはや恐怖そのものですww
で、なんでこんな話をするかというと、リハーサルを終えて控室に戻ってきたところ
大きな大きな黄色いモンスターがっ!!!!!!
「サンセット・サンライズ」で、お客様達が地平線、風船が、昇ったり沈んだりするお日様、のように見立てた演出で、会場は大変盛り上がりました。照明の熱とかで割れたりしないだろうかとか余計な心配して笑顔が凍り付いていたのはきっと私だけだった。(笑)エンターテイメントに風船はつきものですよね。万能耳栓を用意します。
・「陽はまた昇る」は、何度かブログで触れたことがありますが、山根さんへ捧げる曲です。それも、ただ捧げるのではなく、実際に歌って頂くことを想定してコード、歌詞、メロディを考え、山根さんが(もちろん私もですが)絶賛する、The Sunsetsのギタリスト・ピロさんのギターでスタートする、という曲構成に仕上げました。ついに、山根さんに歌ってもらうという願いが叶って、泣きそうになりました。
・ラストはゲストさんも交えてのマスカレード!やっぱりこの曲は盛り上がりますね。そして、こばゆうさんのベースの動きがかなーりかっこいい。マスカレードを沢山聴いてきたお客様は「お!?」と思った方も多かったはず!!
そんな感じで、非常にBURNEST WINTERした夜だったのではないかと思います。


「結束力」とは

ライブレポート「ミチノサキvol.2 -human-」

あけましておめでとう!と言ってからさほど経っていないような気がする中、もう1月が終わってしまうなんてあんまりだー!

さて、SaKi&ミチトのコラボライブ「ミチノサキ」、無事終了致しました。この日は、なんやかんやいろんな魅力あるライブと被っていたにも関わらず、このライブに足を運んで下さったお客様のおかげで、会場があたたまり、ゆる楽しく(唄ってる内容は全然ゆるくないんだけど)唄うことができました。改めてお礼申し上げます。

ライブレポートが長くなるので、先に今後のライブの告知をば。

THE SUNSETS  復活ワンマンライブ
BURNEST  WINTER!!
SOUND CRUE  札幌市中央区大通東2丁目15-1-2   011-221-8313
OPEN 19:20     ACT 19:30
前売 1,500円(1drink別:500円) / 当日2,000円(1drink別:500円)
GUEST  田中ひろ美(hpm)、Jennie藤田(my&Jennie)、柴田真志(THE HACE

ボーカルのムスカ山根さん率いる、あの日見た夕日のように、どこか懐かしげのある曲を奏でるバンド「The Sunsets」の復活ライブがいよいよ来週に迫っておりますよ! 

ムスカ「見ろ!!!人がゴミのようだ!!!」

と歓喜をあげるぐらい大勢のお客様に、是非見て頂きたいと思っております。(たとえ方が最悪だなオイ)

そしてこれ。

2/11(火・祝)ターミナルプラザことにPATOS
Open16:30/Start17:00
adv1200/door1500
地下鉄東西線琴似駅B2F
・ミチト・hopesign・ムシニカマル
・すずきゆい・とくのうジャパンDX
チケットご予約・取り置きの方はe1michito@hotmail.comまで

ミチト(この日はバンドです!)&とくのうジャパンDXで参戦します!よ!2バンド掛け持ちですがなにか?なSaKiを是非見にいらしてくださいな!

さてさて、ここからはライブレポートいきますよ。


ミチトのそうぐう(爆)

<前のページ  Home  次のページ>

Search
Information
For Mobile

忍者ブログ [PR]

TemplateDesign by 比呂有希|ススメ::342blog